面接時に給料や待遇面、衛生面などの次点としてよくいただく質問として、AV業界の組織的な話がよくあります。

得体のしれないところでは誰も働きたくありません。特にAVのような一般的にクリーンなイメージが持たれていない仕事だと、自分が手にしたお金がどこから出てきたものなのか考えると不安になるという方もいらっしゃると思います。

組織的には至ってシンプルです。まず我々のようなプロダクションは女優さんを抱え管理する会社です。そして作品のメーカー/販売元。レコード会社などと同じです。次に制作会社。これは読んで字のごとく作品を制作する会社です。これらの機能を1社でまかなうところもあれば、個人のフリーランスもいるので例外はありますが、この3つの柱が変わることはありません。

要するに我々のところに面接に来た女の子の資料を作成しメーカーに紹介し、実際にリリースが決まれば制作会社に依頼するという流れ。そうしてできた作品をユーザーが購入し、お金になる中で、あなたには契約金や給料が支払われるわけです。

少しは分かっていただけたでしょうか?ほか、分からないことはいつでも質問お待ちしておりますので、お気軽にご連絡ください。