面接時に「よく”中出し”、”強姦”、”強制……2といった過激なタイプのアダルトDVDが売られているのを見ますが、どこまでが本当なんですか?」という質問をよくいただきます。

答えは極めてシンプル、全て演出です。まず”中出し”については、そもそも男優は挿入はしますが射精しません。あれは精子にみせかけた液体です。また強姦ものなど女の子の体に痛みや苦痛が伴いそうなタイトルものに関しては、そういったことがないちょう細心の注意を払いながら撮影を行います。

またハードなSMやほか、ある種特殊な性癖の方向けの作品に関しては、同様の嗜好を持った女優が出演します。

いずれにせよ、全て面接時時に作成するプロフィール用紙に、許容可能な範囲を記載する欄がありますので、そこにしっかりと書けば、それ以外の仕事をさせられることは絶対にありませんのでご安心を。