グラビアモデル、ダンサー、チャットレデイー、撮影会モデル、パーツモデル、レースクイーン、ファッションモデルなど、アダルトビデオ以外の仕事もたくさんございますので、応募して当社に所属していただくことに問題はございません。
その際、オールヌード、絡み(男性との性交渉)、顔出し、媒体露出など、アナタが実際どこまでの行為なら可能であるか、明確におしゃっていただくことが理想です。
できないことははっきりとお断りいただく、それ以外の範囲にあたるもの、すぐ明確な答えが出せないものに関してはしっかりと検討する、そうしてアナタに適した仕事の幅を決めていくことになります。
また、実際に仕事をしていく中で「やはりしたくない」と感じたことや「○○円もらえれば今までは断っていたことでもできそう」といったことも出てくるかもしれません。
そういった場合もその都度お伝えいただければ、できるかぎりアナタの希望通りの仕事が紹介できるよう尽力します。
と、お伝えした上でも、実際現場でやりたくないことを無理強いさせられるケースを心配なさる方もいらっしゃるかと思います。
そこで、例えばアナタは女性の顔に目線やモザイクが入ったアダルト画像をご覧になったことはありませんか?あれは男性のフェチシズムに合わせたものではなく、基本的に女性が顔を出したくないからです。男性にとってはなくていいものがあるということはどういうことか?それは、女優のニーズに合わせて目線やモザイクを入れてでも作品を作りたい、すなわち、需要が多いのでアナタの希望に沿った仕事もたくさんあるということです。